プレゼントの画集

母がとても好きな画家さんがいます。昔からとても好きで、母はその画家さんが画展を開く度に足を運んでいます。何度も見ているうちに、私もとても好きになってしまって、一緒に行く事もあります。
その画家さんの画はとても不思議な力がある絵で、風景画が主なのですが、まるで写真のようにも見えます。写真のような精密さで情景が描写されているのですが、どこか現実離れした温かさがあり、どこでも目にするような光景が実際よりもずっと温かい、特別な場所のように見える絵を描く画家さんです。ポストカードにもなっているので、私はフォトフレームに入れて飾っています。
先日、母の誕生日でしたので、プレゼントに悩んで居ました。アクセサリーも服も好みがありますし、ハンドタオルなどはもう沢山持っているので、特別欲しくはないでしょう。母はいつも「なんでもいい、気持ちだけで嬉しい」と言ってくれますが、やはり日頃の感謝もありますし、何か形にしてプレゼントしたいところです。
随分悩んだのですが、今年はその画家さんの画集をプレゼントする事にしました。丁度、去年までの作品が載っている画集が出版されたところでしたし、昔ほどアクティブでなくなった母が、いつでも楽しむ事ができるのではないかと考えたからです。
プレゼントすると、母はとても喜んでくれました。「こんなに分厚い本、高かったんじゃないの?こんな事にお金を使って」と口では言っていましたが、早速絵を見て楽しんでいました。
喜んでくれたようで、私もとても嬉しかったです。また画展も見に行きたいなと思います。

コメントは受け付けていません。

ハンドメイドのブックカバー

私の友人は、布があればなんでも作ってしまいます。リュックやポーチ、小物入れや携帯のケース、簡単なバッグ、携帯電話のストラッップ、アクセサリーなど、ありとあらゆるものを布から作ってしまいます。
そんな友人が先日作ったのが、和柄の布で作ったブックカバーです。皮の紐でくるっとカバーを一周し、最後にそれをボタンに絡めて留めるタイプのもので、とてもお洒落で可愛らしいものです。
あまりに可愛らしかったので、自分の分も作って欲しいとお願いをしたのですが、私がそのブックカバーを使っているのを見て、他の友人も欲しいと言い出しました。
「もしかしたら売れるんじゃないの?」と私が言うと、友人は「そう上手くはいかない」と謙遜していましたが、私がフリーマーケットの出店の申し込みをしてしまうと、「少しやってみようかな」と張り切って作っていました。
市販で買うと千円〜千五百円はしそうですが、あくまでブランドものではなく個人のハンドメイドだから、と、友人はブックカバーを五百円で販売しました。
フリーマーケットの当日、場所が良かった事も手伝ってか、売れ行きは好調でした。フリーマーケットは夕方の五時までだったのですが、用意した五十個もの商品は、午後の二時には全て売り切れてしまいました。
それをきっかけに、友人は今ではネットショップでハンドメイド品を作って売っています。些細な事がきっかけでしたが、とても楽しんでいるようで、私も嬉しいです。

コメントは受け付けていません。

新しい本棚を探して

本棚を改めて買い足そうと考えています。本が増えてしまって、今あるものではとうとう納まりきらなくなってきてしまいました。今までは、もう読まないだろうなと思った本を売ったり、欲しいという人に譲ったりしてなんとかスペースを開けていました。でも私は新しい本もよく購入する上に気に入った本も繰り返し読む方なので、本棚の中身がどうしても増えていってしまうのです。
折角新しいものを購入するので、色々とこだわりたい所です。まず一番にこだわりたいのがデザインで、ジブリ映画に出てくるような洋風のレトロ感のあるものにも憧れますし、本棚一つでお部屋の印象がぐっとお洒落になるような、変わったデザインのものも素敵ですよね。かといって、デザイン性ばかりが高くて本がおまけ程度にしか収納できないのでは意味がありません。何より、今既にある本棚との統率もある程度考えなくてはいけません。
沢山収納できて、デザイン性にも優れていて、頑丈なものが望ましいです。こう書くと、自分でも「随分とわがままだなあ」と思いますが、やっぱり予算内でなるべくいいものを手に入れたいので、悩んでしまいます。
そんな訳で、今日もネットで本棚を探しています。この調子だと我が家に新しい本棚が来るのは当分先になりそうですね。

コメントは受け付けていません。

はじめましてと、また会ったね

日夜、たくさんの物語が生まれています。出版されているものだけでも、毎月何十冊、何百冊という本が世の中に生まれていると思います。私の目に触れる作品は、その中のごく一部なんですけど、新しい作品に触れることができるというのはとても幸せなことだなーと最近思います。何だか、こそばゆいんですけど、それでも新しい作品を読むのはやっぱり好きです。新しいシーツで眠るのが楽しいみたいに、新しいワンピースに袖を通すのが嬉しいみたいに、知らない作品に触れるというのは自分の中に新しいものを取り入れるというのは幸せなことだと思うんです。でも、それと同じ位、何度も読み返したいと思える作品に出会えることもすごく幸せなことです。私の本棚に入れてある作品は、どれもそんな「何度も読み返したい作品」ばかり。いらないと思ったものは古本屋さんに売って、気に入ったものだけを残してきました。一番古いものは、小学生のときに買った本です。それでもいまだに私はその本を読み返していて、何度も何度も同じ物語を楽しみます。もうストーリーどころかセリフまで覚えてしまっているくらいなんですけど、何度読んでも読み始めると不思議と初めて読んだみたいに思えて色んな再発見が出来るので不思議です。

コメントは受け付けていません。

つけまつ毛はやりすぎ?

まつ毛が長くてびっしり生えていると、目がパッチリとして魅力的、だと思います。多くの女性がそんなまつ毛に憧れていて、まつ毛のケアには手をかけていますね。つけまつ毛をしている女性も増えてきましたが、つけまつ毛は上手につけないと、不自然な感じになってしまいます。男性からあまり評判はよくないようですね。エクステは見た目はキレイなのですが、ケアが大変のようです。
そう考えるとやはり自分のまつ毛が長くて、ボリュームがあればこんな苦労はしないのに、と思います。今はまつ毛の育毛剤というものもあり、なかなか人気のようですね。育毛剤をつけると、まつ毛が長くなり、ボリュームも増えるというものです。そんな効果があるなら、ぜひ試してみたいものです。ボリュームがあればつけまつ毛もいらないし、マスカラもそれほど使わなくてすむでしょう。まつ毛に苦労している女性にとって、それほどいい話はありません。
しかしながら、男性にとってはそれほど長くてボリュームのあるまつ毛にはあまり魅力を感じない人も多いようです。確かに大きな目はかわいいと思うようですが、つけまつ毛までするのは過剰だ、と感じるようです。何事もやりすぎはいけないものです。本人は麻痺してしまっているので、過剰かどうかも分からなくなるのですよね。客観的に自分を見ることも大事ですね。

コメントは受け付けていません。

コンビニ生活を減らして節約

節約は大切なこと、と分かってはいてもなかなかお財布のヒモは緩みっぱなし。これでは貯金もできない、とさまざまな人が書いている『節約術』の本を読んではみるのです。雑誌でもよく“無理せずできる節約の方法”などといった記事を見かけます。読んでいる時はなるほど、と思うのですがいざ実践となると、自分に甘くなってしまいます。
節約術の一つとして、コンビニに行かない、ということが書いてありました。これは明言だ、と思いましたね。何でも売っているコンビニエンスストア。食糧品はもとより、野菜でも、化粧品でも、本でも、電池でも洗剤でもとりあえずコンビニに行けば事足りますね。取り立てて用もないのに、1日1回は行かないと気が済まない、という人も多いもの。私もその一人でした。
買い物もないのにお店を見ると入ってしまうのは、何か掘り出し物があるかな?と思うせいもあります。コンビニには新製品が数多くあります。お菓子にしてもお酒にしても、メーカーから出た新商品があり、手に入れることができます。お店の規模もそれほど大きくないので、買いやすいというのもありますね。しかし、コンビニは普通のスーパーよりもちょっと高いものも多いです。それでも買ってしまうもの。それが節約にならないのですよね。また、用もないのに行くと何か買ってしまう。これも節約にならない原因です。節約のためには、毎日ではなくて、せめて1日置きにしよう、と思います。

コメントは受け付けていません。

すっぽんの美肌効果に驚き

通販番組などでも取り上げられているすっぽん。通販で販売しているのは、すっぽんそのものではなくてサプリメントですけれど。すっぽんを食べると肌にハリが出る、と言われていますから、美肌にいいものなのだということは知っていました。でも、すっぽんは男性にとって健康にいいもの、といった方が知られているし、精力剤のような感覚でした。すっぽんのことをよく知らなかったので、知り合いにすっぽん料理を食べに行こうと言われて迷わず断りました。グロテスクでとても食べる気にはなりません。鍋になったところで、これがあの形を作っていたのかと考えるだけで、抵抗がありました。そういう女性は多いのではないかと思います。
ところがすっぽんは美容にもとてもいいものなのですね。必須アミノ酸と言われるアミノ酸を含む、たくさんのアミノ酸が豊富に含まれているだそうです。コラーゲンも豊富で、美肌には効果的らしいです。血管の中のコレステロールを取り除いてくれる働きもあり、血行をよくしてくれる作用もあるそうです。
そんなに効果的な食べ物だとは知りませんでした。ちょっと前より食べてもいいかな、と思えるようになりましたが、やはりまだちょっと抵抗があるので、すっぽんを食べるなら、サプリメントの方にしよう、と思います。

コメントは受け付けていません。

コンタクトレンズの替え時

私は視力が悪くコンタクトレンズを使用しています。コンタクトレンズを使い始めてもう長い時間が過ぎました。コンタクトレンズも今は使い捨ての時代ですね。1日や1週間単位で取り替えるという便利な時代になりました。昔は一つしかなかったので、落としたりしようものなら血相を変えて探していました。ワンデーなら失くしても替えがあるので、それほど焦る必要もありません。傷がついても気にすることもないですね。常に清潔なコンタクトレンズを使えて、いいことだと思います。
そんなにメリットばかりのコンタクトレンズを、自分は使うことができません。ハードだからです。ソフトは目に合わないらしく、ハードしか使えないので、私には使い捨てのコンタクトレンズを使用するのは夢です。
使い捨てではない限り寿命はきちんと判断しないと目に悪いですね。でも、なかなか長い期間使ってしまうのですよね。少し曇ってきたかなと思うようでは、すでに取り換え時期は過ぎているのでしょう。でも、眼科に行くのが面倒で、なかなか替えずに使っていると、ある日かすんで見えなくなってしまいます。それで仕方なく眼科に行くのです。でもそれまではよく見えないし、かゆみも出てくるのでストレスに。早めの買い替えをしなければいけませんね。

コメントは受け付けていません。

祖母が喜んだ声

人気シリーズというのは、どこの国にもあります。児童文学にシリーズが多い気がしますが、ライトノベルなんかもそうですよね。私は児童文学小説好きの友人と話をしていました。そうしてある人気シリーズの話をしていました。「実は私、あれの三作品目が好きなんだよね」と私が言うと「えっ本当!私も三作品目が好きなの!」と話してくれました。そのシリーズの三作品目は正直な話、あまり人気がありません。人気がない、というか熱狂的なファンほど少し覚めた目で見るストーリーになっています。だけどそういった変化球が好きで、あの三作品目がないとシリーズの物語は成り立たない!と友人ととても熱く話してしまいました。好きなシリーズがいつだって自分の好みにバシッとあてはまるわけでもないのでしょうし、冷めた目で見てしまう気持ちはわかるけど全体的に考えて三作品目が必要だということを二人で熱弁しました。なかなかそういった話が出来なかったのでとてもうれしかったです。ああ、言いたいことがやっと言えた。そんな気持ちでした。少しだけうっぷんが晴れたような感覚です。ストレスにはなっていなかったのですが、この気持ちを分け合えるというのもまた、小説の面白いところですよね。

コメントは受け付けていません。

人気シリーズの、あまり人気でないお話のことです

人気シリーズというのは、どこの国にもあります。児童文学にシリーズが多い気がしますが、ライトノベルなんかもそうですよね。私は児童文学小説好きの友人と話をしていました。そうしてある人気シリーズの話をしていました。「実は私、あれの三作品目が好きなんだよね」と私が言うと「えっ本当!私も三作品目が好きなの!」と話してくれました。そのシリーズの三作品目は正直な話、あまり人気がありません。人気がない、というか熱狂的なファンほど少し覚めた目で見るストーリーになっています。だけどそういった変化球が好きで、あの三作品目がないとシリーズの物語は成り立たない!と友人ととても熱く話してしまいました。好きなシリーズがいつだって自分の好みにバシッとあてはまるわけでもないのでしょうし、冷めた目で見てしまう気持ちはわかるけど全体的に考えて三作品目が必要だということを二人で熱弁しました。なかなかそういった話が出来なかったのでとてもうれしかったです。ああ、言いたいことがやっと言えた。そんな気持ちでした。少しだけうっぷんが晴れたような感覚です。ストレスにはなっていなかったのですが、この気持ちを分け合えるというのもまた、小説の面白いところですよね。

コメントは受け付けていません。